サポート

KUMAMOTO SUBARU熊本スバル

インフォメーション

☆八代店☆飛行機作りから車づくりへ

2018.05.28 お店のつぶやき 八代店
皆様、こんにちわ。

鹿児島県が梅雨入りして、熊本もそろそろ梅雨入りになりますね。暑さと湿気の季節になります。

体調管理には十分気を付けてくださいね。

さて、今日はスバルの車についてお話しします。

今年でSUBARU360発売から60周年を迎えました。

スバルの特徴といえば水平対向エンジンを使っている数少ないメーカーであることは皆様ご存じかと思います。

水平対向エンジンを採用している有名なメーカーは他にポルシェがありますね。

水平対向エンジンは別名フラットエンジンとも言われていて、1896年にドイツで誕生したレシプロエンジン形式のひとつです。

では国産メーカーの中でなぜスバルだけが水平対向エンジンを使用しているのか、それはスバルの歴史が大きくかかわっています。

スバルの前身は中島飛行機(戦前)という航空機メーカーでした。
※中島飛行機が開発、製造した一式戦闘機

当時、中島飛行機では星形エンジンを開発、製造しておりました。星形エンジンを水平に切り取るとほぼ水平対向エンジンの形になります。
※中島飛行機が最後に生産した誉エンジン

そこに着目して航空機で長く培った技術が活かせる水平対向エンジンを採用するに至ったと言われています。

また、水平対向エンジンは『軽量、低重心、コンパクト』の特徴があります。

水平対向エンジン搭載のスバルの車はその特徴から安定した走りと高い走行性能を可能にしています。

ぜひ、興味を持たれた方はお気軽に八代店にご来店ください。

試乗車を多数ご準備しております。航空機ルーツの車をぜひ一度ご試乗されてみてください。

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。





 

News & Topics

ニュース&トピックス

どんな情報をお探しですか? subaru