ウェブチラシ
サポート

熊本スバルKUMAMOTO SUBARU

インフォメーション

SUBARUの青

2020.07.25 お店のつぶやき 天草店
こんにちは!!天草店です。

夏といえば、青い空、青い海など、「青色」を連想させる季節ですよね。
「青」といえばもちろんSUBARUのイメージカラー。
そこで今回はSUBARU車のボディカラーに採用された青色についてご紹介します。

 

ホライゾンブルー・パール
フォレスター限定のカラーとして採用されているホライゾンブルー・パール。鉱物が持つ深い色合いとソリッドでがっちりとした印象を持つ、明るくクリアでフレッシュなブルーです。光の反射による色の変化が造形を際立たせ、活動的な印象を与え、森や川などに行った時も、自然に溶け込むようなカラーが特徴です。
 

ラグーンブルー・パール
SUBARU XVのAdvance限定で採用されているラグーンブルー・パール。クリーンでインパクトがあり、瑞々しく透明感があるのが特徴です。さらにSUBARU XV Advanceには各部の表皮やステッチ、パネル、メーターなどのインテリアにもブルーの装飾が施されており、スポーティでクールな特別感を味わうことができます。
 

WRブルー・パール
SUBARUのスポーティイメージを象徴するボディカラー。初代WRブルーである「WRブルー・マイカ」は2008年まで参戦していたWRCの場で映える色として開発されました。ラリーは1台ずつ走る競技なので雪や砂、石畳など、背景の中で映えるブルーを追求したボディカラーでした。一方、現在の「WRブルー・パール」は赤味を加え、より鮮やかに色濃く見える色味に変更されました。SUPER GTやニュルブルクリンク24時間レースなどのサーキットでのレースに戦いの場を移したSUBARU車が、他のレース車両の中でも力強く見えることを狙って開発されたカラーです。主戦場の変化に対応して、最適なカラーに進化し続けることで「WRブルー」は時代を超えてSUBARUのモータースポーツを象徴するカラーとして親しまれています。
 

ボディカラーひとつをとっても、こだわりが詰まったSUBARUのクルマ。みなさんはどのブルーがお好みですか?
SUBARUには他にもたくさんのボディカラーがあります!!


ぜひご来店ください(*^-^*)

News & Topics

ニュース&トピックス

どんな情報をお探しですか? subaru